SkyDreamの日記

果たして空を飛べるだろうか?

帰省 その3

翌日8時過ぎに宿を出発し、途中長野県駒ヶ根にある養命酒の工場を

見学して帰ることにしました。

 

ここが、予想以上にとてもGOODな場所なのです。

f:id:SkyDream:20150727100747j:plain

 

遠くに南アルプスを眺められる高台に位置する『養命酒駒ヶ根工場

f:id:SkyDream:20150727102607j:plain

 

NHK朝ドラで人気だった『マッサン』に出てくる北海道の余市にある

ウィスキー工場を彷彿とさせるような養命酒の工場が、そこにありました。

 

工場見学の内容はわかりやすくとても素晴らしいものでした。

 

駒が岳の豊かな水をベースに14種の薬用種をブレンドさせ、その工程は
ほぼ全自動で行われているのには驚きました。

 

日本ではここでしか生産していないそうですが、工場で働く方は

わずか10名ほどとのこと。なんという自動化、省力化!・・。


そして最後に10分ほどの大画面によるビデオで、この会社の歴史や

コンセプトを学ぶことが出来ました。

 

工場見学を終えると、工場周辺を散策しました。約36万といわれる

広大な森林の中にある養命酒の工場は、その敷地を自由に散策する

事が出来ます。

 

工場全体が自然の森林に覆われていて、森林浴と清流のせせらぎにより、

身も心も癒されます。

 

f:id:SkyDream:20150727100854j:plain

f:id:SkyDream:20150727101231j:plain

f:id:SkyDream:20150727100815j:plain

 

また工場敷地内には、多くの遺跡が発見されており、それを大切に

修復・保存されていました。

 

管理されている方から、保存は結構大変だということを伺いました。

特に屋根の萱ぶきは定期的に葺き替えが必要なのだそうです。

 

 縄文式家屋

f:id:SkyDream:20150727101409j:plain

 

弥生式家屋

f:id:SkyDream:20150727102034j:plain

 

平安時代の家屋

f:id:SkyDream:20150727102742j:plain

 

養命酒』は、慶長7年(1602年)信州伊那の谷・大草(現在の長野県
上伊那郡中川村大草)の塩沢家当主、塩沢宗閑翁によって創製されました。


実に400年以上も前のことです。

 

f:id:SkyDream:20150727102557j:plain

 

最後は、記念館でゆったりとした時を過ごすことが出来ます。

f:id:SkyDream:20150727110155j:plain

 

機会があれば、一度は訪れたい場所です。

 

広告を非表示にする