SkyDreamの日記

果たして空を飛べるだろうか?

ススキと秋の空

箱根仙石原の「ススキ」は壮観で見応えがありますが、家の近くの原っぱの「ススキ」も秋の空に映えてなかなか良い感じでした。手前に咲く黄色い野草はセイタカアワダチソウです。

f:id:SkyDream:20201018102448j:plain

f:id:SkyDream:20201018102453j:plain

f:id:SkyDream:20201018102525j:plain

 セイタカアワダチソウ

草刈りをしたことがある人なら、おなじみの雑草です。都会の空き地でもよく見かけます。すさまじい勢いで生えてくる、厄介者といったイメージのこの草、実は、すごく使える薬草だったのです。https://love-evergreen.com/evergreenpost/post/5904

柿も終わり・・

今年は夏が暑かったせいか、秋の花でいつも楽しみにしている「秋明菊」がなかなか咲きません。本当に咲かないのかも・・。庭の隅では柿の木に少し実がなりましたが、熟す頃には多くが鳥の餌となってしまいました。

f:id:SkyDream:20201013085407j:plain

f:id:SkyDream:20201013091012j:plain

少しだけ収穫し仏壇に供えましたが、傷が多く出来はいまいちでした・・。

ムラサキシキブの実

秋になると、長く細い枝に紫色の小さな実をたくさんつけます。

f:id:SkyDream:20200930102139j:plain

f:id:SkyDream:20201002131236j:plain

f:id:SkyDream:20201004123156j:plain

f:id:SkyDream:20201002131212j:plain

 ムラサキシキブ

ムラサキシキブ(紫式部)は、秋の紫の実が美しい日本原産の落葉低木です。古くから山地の湿地や森林に自生しています。葉の色は実がなりだす初秋の緑から、秋が深まってくると黄色く紅葉し、紫色の実との色合いがとても美しい光景で、英名ではJapanese beautyberryとも言われています。

https://lovegreen.net/library/garden-tree/defoliation/p125359/

彼岸花

お彼岸を過ぎた頃から、散歩道のあちこちで「彼岸花」がきれいに咲いています。長い茎の先に咲く赤い花が印象的です。

f:id:SkyDream:20201004093833j:plain

f:id:SkyDream:20201004093856j:plain

f:id:SkyDream:20201003101041j:plain

f:id:SkyDream:20201003101059j:plain

小さなお墓でしょうか。それを取り囲むかのように咲く彼岸花はそこに眠る霊を慰めるかのようです・・

f:id:SkyDream:20201004094556j:plain

彼岸花

彼岸花ヒガンバナ)は秋の彼岸の頃真っ赤な花を咲かせる多年草です。全国各地に多くの別名があり、昔から秋の花として親しまれています。

https://lovegreen.net/flower/p111469/

タマスダレ

夏にも数輪の花を咲かせていましたが、お彼岸を過ぎて秋らしくなったせいか、一斉にたくさんの花が咲くようになりました。

f:id:SkyDream:20200908141308j:plain

f:id:SkyDream:20200908141303j:plain

f:id:SkyDream:20201003094131j:plain

タマスダレ

 開花時期は、 8/ 5 ~ 10/10頃。白く美しい花を「玉」に、葉が集まっているようすを「簾」にたとえた。https://www.hana300.com/tamasu.html

 

初秋のゴルフ

今年2回目のゴルフ。間近に見える富士山の山頂は冠雪し、すばらしい眺めでした。プレイ中にゴルフ場のあちこちで何頭もの鹿の姿を見かけました。人を怖がることもないようです。

f:id:SkyDream:20200928092533j:plain

f:id:SkyDream:20200928092547j:plain

f:id:SkyDream:20200928155435j:plain

f:id:SkyDream:20200928155430j:plain

私は右足の座骨神経痛のためまだ力が入りにくく、予想通りスコアは最悪のレベルでした。ただ前回のように運動不足で足がつることはありませんでした。仲間の上級者からは「ヘッドアップ」を指摘され、ボールをしっかり見るようにしたのですが、なかなかうまく行きませんでした。今回はこの「ヘッドアップ」に加えグリーンでの「3パッド」の多さが課題となりました。ゴルフはイマイチでしたが天気も良く楽しかったです。

大きなヤママユガ

大きな蛾が手負いの状態で道に這いつくばっていました。

f:id:SkyDream:20200921100733j:plain

よくみると、左の羽の部分が半分欠けていました。鳥にでもやられたのでしょうか?かわいそうだけれど、放置するしかありませんでした。家に帰って調べると色・形状・模様などからどうも「ヤママユガ」のようです。

ヤママユ

ヤママユ(山繭・学名 Antheraea yamamai)はチョウ目ヤママユ科に分類される蛾の一種である。ヤママユガ(山繭蛾)、テンサン(天蚕)ともいう。日本在来の代表的な野蚕で、北海道から九州にかけて分布し、全国の落葉性雑木林に生息している。ヤママユガ科のガの成虫は口が完全に退化しており、蛹化以降は一切の食餌を摂らずに幼虫時に蓄えた栄養だけで生きる。出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia