SkyDreamの日記

果たして空を飛べるだろうか?

春の嵐

3月18日午前11時、気象庁は、関東地方に春一番が吹いたと発表しました。

 

1951年の統計開始以来、3番目に遅い記録だそうです。ちなみに昨年の関東地方春一番は3月1日だったそうです。

 

冬から春へ移り変わる時期に初めて吹く強い風を、気象庁では「春一番」として発表しています。だいたい立春から春分にかけて、低気圧起因で南風の風速8m以上を発表の目安としているそうです。今年の春一番が遅かったのも、今年の寒波や大雪の原因とされる『偏西風の蛇行』のせいだったのでしょうか?
 
この日、東京、横浜、千葉などでは最大瞬間風速20メートル程の猛烈な風が吹きました。
私も用事があって、朝自宅を出発し、最寄りの駅迄歩いて行ったのですが、風が強くて前に進むのが大変でした。
 
季節が春に変わるこの時期は、低気圧が西からやってきて、春の嵐となる日が多くなります。
 
天気が晴れでも風が強かったりする日も多く、飛行機を飛ばしに行けない日が続いたりします。
(私の場合、天気予報で早朝の時間帯の風速を確認し、風速が3m以上の日は行かないようにしています。)
 
今日は春分の日(春の彼岸の中日)、日増しに暖かくなって来ました。
 
広告を非表示にする