SkyDreamの日記

果たして空を飛べるだろうか?

小さなクリスマスツリー

4歳になる孫が遊びに来た時に、小さなクリスマスツリーに飾り付けをして帰りました。飾り付けといっても、小さな人形やボールなどの飾りをフックにぶら下げるだけです。

f:id:SkyDream:20171209114506j:plain

f:id:SkyDream:20171209114738j:plain

f:id:SkyDream:20171209114808j:plain

そのツリーは窓際に飾られ、クリスマスを待っています。

鎌倉江ノ島七福神巡り

今年は仲間と三月に川越小江戸七福神、五月に秩父七福神と巡り、前回の浅草七福神巡りは都合が合わずパスしましたが、今回は、今年最後の企画となる「鎌倉の七福神巡り」に参加しました。

 

起点となる場所はJR北鎌倉駅。今回は是非御朱印を頂きながら巡りたいと考え、最初のお寺である浄智寺で鎌倉の七福神巡りの御朱印用の色紙を買いました。各々の社寺で御朱印を頂き、色紙を完成させます。一回ごとの御朱印のお礼は300円でした。

コースは、浄智寺(布袋様)-鶴岡八幡宮(弁天様)-宝戒寺(毘沙門天様)-妙隆寺(福禄寿様( 寿老人様))-本覚寺(恵比寿様)-長谷寺(大黒様)-御霊神社(福禄寿様( 寿老人様))-江ノ島神社(弁財天様)

七福神なのに八箇所あるのは、鶴岡八幡宮江ノ島神社に弁財天がいらっしゃるためです。そのため、八カ所を巡り終えて満願となります。


浄智寺から本覚寺までは徒歩。そして最寄りの鎌倉駅から江ノ電に乗り、長谷駅で降りて長谷寺と御霊神社を巡ります。最後は、また江ノ電に乗り、江ノ島駅で降りて江ノ島神社に参拝しました。

 

 1.浄智寺(じょうちじ 布袋様)

北鎌倉にある禅宗の寺院。臨済宗円覚寺派に属する立派なお寺です。

f:id:SkyDream:20171116094240j:plain

f:id:SkyDream:20171116094732j:plain

f:id:SkyDream:20171116100050j:plain

2.鶴岡八幡宮(弁天様)

f:id:SkyDream:20171116102935j:plain

鶴岡八幡宮の境内に旗上弁財天社(弁天様)があります。

f:id:SkyDream:20171116103501j:plain

3.宝戒寺(ほうかいじ 毘沙門天様)

鶴岡八幡宮・三の鳥居前の道(横大路)を右に行った突き当りに位置する天台宗の寺院です。

f:id:SkyDream:20171116104639j:plain

本堂の中、左隅に毘沙門天がありました。

f:id:SkyDream:20171116105249j:plain

4.妙隆寺(みょうりゅうじ 福禄寿様)

日蓮宗の寺院。山号は、叡昌山。

f:id:SkyDream:20171116110344j:plain

5.本覚寺(ほんがくじ 恵比寿様)

日蓮宗の本山(由緒寺院)。山号は妙厳 山。鎌倉駅近くにあります。

f:id:SkyDream:20171116111350j:plain

f:id:SkyDream:20171116111428j:plain

f:id:SkyDream:20171116112016j:plain

6.長谷寺(大黒様)

浄土宗系統の単立寺院。山号は海光山。坂東三十三箇所音霊場の第四番札所です。

f:id:SkyDream:20171116115348j:plain

f:id:SkyDream:20171116115934j:plain

7.御霊神社(ごりょうじんじゃ 福禄寿様)

通称(鎌倉)権五郎神社((かまくら)ごんごろうじんじゃ)として知られている神社。創建は平安時代後期と推定されています。

f:id:SkyDream:20171116121007j:plain

f:id:SkyDream:20171116120957j:plain

8.江ノ島神社(弁財天様)

さて、七福神巡りの最後となる江ノ島神社へ向かいます。

f:id:SkyDream:20171116130327j:plain

f:id:SkyDream:20171116132108j:plain

江ノ島神社は竹生島(都久夫須麻神社)、宮島(厳島神社)とともに日本三大弁天の一つに数えられています。

f:id:SkyDream:20171116131520j:plain

満願となった御朱印

訪れたお寺や神社で書いて頂いた御朱印はどれも見事なものばかりでした。大事にしたいと思います。

f:id:SkyDream:20171116172317j:plain

最後は江ノ島で満願の打ち上げ(反省会)です。名物の釜揚げしらす丼を頂きました。天気にも恵まれ、とても良い一日でした。

 

鎌倉江ノ島七福神
http://www8.plala.or.jp/bosatsu/page133.html

秋川渓谷ハイキング

今年の紅葉も、もう見納めとOB仲間と「秋川渓谷」の紅葉ハイキングに出かけました。武蔵五日市駅 9:30集合。コースは武蔵五日市駅 -> 秋川橋 ->河川公園脇-> 阿伎留神社->広徳寺(臨済宗)->野崎酒造(清酒「喜正」)->光巌寺->戸倉城址・城山->秋川渓谷->瀬音の湯--<バス>->武蔵五日市駅

秋川

JR武蔵五日市駅を出発し秋川沿いに進みます。

f:id:SkyDream:20171124094746j:plain

阿伎留神社

創建は不詳だそうですが、由緒ありげな古い神社でした。

f:id:SkyDream:20171124102005j:plain

庚申塔(こうしんとう)

途中で寄った陶器窯元の店の人から、是非広徳寺に行きなさいと言われそこに行くことになりました。

f:id:SkyDream:20171124103157j:plain

広徳寺(臨済宗建長寺派

美しく格式のあるお寺でした。応安六年(1373)創建と伝えられています。地元の人に勧められるだけあって、境内の銀杏やもみじの紅葉もすばらしいものでした。

f:id:SkyDream:20171124104130j:plain

 

f:id:SkyDream:20171124104737j:plain

f:id:SkyDream:20171124105022j:plain

秋川渓谷に沿って歩きます。

f:id:SkyDream:20171124110411j:plain

野崎酒造

地元の人に人気のあるという喜正しろやま桜(吟醸酒)を購入。

f:id:SkyDream:20171124112422j:plain

光巌寺(臨済宗建長寺派 こうごんじ)

光厳寺は建武(けんむ)年間(1334~1338)に足利尊氏(あしかがたかうじ)が創建したと伝えられます。広徳寺同様、立派なお寺でした。

f:id:SkyDream:20171124113952j:plain

境内の隅には七福神(布袋様)が・・

f:id:SkyDream:20171124114049j:plain

光厳寺を後にし、いよいよ城山(しろやま)に登ります。

f:id:SkyDream:20171124114530j:plain

城山頂上

登りは結構急な傾斜で岩場もあり、なかなか大変。頂上はわずかに平らな場所があるだけでした。かつてはここに「戸倉城」があったそうですが、今その姿はなく、わずかに城の石垣らしい塊がわずかに残るのみでした。

f:id:SkyDream:20171124121926j:plain

頂上からの見晴らしは最高でした。遠くにスカイツリーも見えました。

f:id:SkyDream:20171124121937j:plain

山を下り、また秋川渓谷沿いに進みます。水は清く、周りは紅葉が盛りでした。

f:id:SkyDream:20171124131505j:plain

瀬音の湯

そしてついに今日のゴールとなる秋川渓谷沿いにある「瀬音の湯」に到着。

f:id:SkyDream:20171124131936j:plain
瀬音の湯は、平日にもかかわらず人でいっぱいでした。泉質はアルカリ性(天然アルカリ単純温泉)なのでヌルッとして柔らかく、良い感じです。露天風呂からの紅葉の眺めもなかなか結構でした。

f:id:SkyDream:20171124144455j:plain

ゆっくり温泉につかった後、さてと食事処は?と探すも満席順番待ちの模様。そこで、バスで武蔵五日市で向かうも適当なお店がなく、結局立川駅近の居酒屋での反省会(懇親会)となりました。城山に登ったせいもあって、温泉に入っても足はまだぱんぱんの

状態。しかも10km以上歩いたので結構くたくたでしたが、天気も良く楽しい一日となりました。

 

秋川渓谷 瀬音の湯
http://www.seotonoyu.jp/

スマートメーター

電力会社が従来のアナログ電力量計をスマートメーターに取り替える工事を行ないました。電力量計はデジタル化され通信機能を持つことになりました。毎月の電力消費量は自動的に計測され、電波により情報はすべて電力会社に把握されることになります。

 

f:id:SkyDream:20171108103241j:plain

 一見便利なようですが、電力使用という個人情報が把握され利用されることや、スマートメーターが出す電磁波の影響などの問題を指摘する声もあります。IT化の進展は歓迎なのですが、それは社会や個々の暮らしを豊かにし、安心や安全を守るため顧客サイドに立って進めていくべきものです。

 スマートメーター

スマートメーター(英語: smart meter)とは、従来のアナログ式誘導型電力量計と異なり、電力をデジタルで計測し、メーター内に通信機能を持たせた次世代電力量計である。ここでは、主に電気メータをスマートメータと呼ぶ。
(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC)

広告を非表示にする

東京タワー

甥の結婚式に出席しました。式場は東京タワーの正面にありました。

f:id:SkyDream:20171111134228j:plain

f:id:SkyDream:20171111134238j:plain

館内のチャペルからは天井のガラス越しに正面に東京タワーがそびえ立つのが見えます。なかなか迫力のある光景でした。

f:id:SkyDream:20171111151358j:plain

f:id:SkyDream:20171111152258j:plain

そしてあたりが暗くなりはじめると、タワーはきれいにライトアップされます。

f:id:SkyDream:20171111190555j:plain

f:id:SkyDream:20171111192942j:plain

f:id:SkyDream:20171111193009j:plain

午後に始まった結婚式は夕方の披露宴も無事に終了。この場所は二人にとって特別の場所として記憶に残るでしょう。

広告を非表示にする

袋田の滝

日本三名瀑の1つ、「袋田の滝」に行ってきました。ちょうど紅葉の盛りで、滝の風情とうまく調和しきれいな景色でした。

f:id:SkyDream:20171115123542j:plain

f:id:SkyDream:20171115124139j:plain

f:id:SkyDream:20171115125200j:plain

袋田の滝

日本三名瀑のひとつに数えられる「袋田の滝」は、大子町は元より茨城県が誇る観光名所。平安時代の歌僧・西行法師は袋田の滝を見て、「花もみち 経緯にして 山姫の 錦織出す 袋田の瀧」と詠い、その魅力を称えました。

(https://www.ibarakiguide.jp/db-kanko/fukuroda_falls.html)

広告を非表示にする

紫式部

あざやかな紫色をした実をつけます。

f:id:SkyDream:20171101092614j:plain

f:id:SkyDream:20171101092635j:plain

f:id:SkyDream:20171101092652j:plain

紫式部

ムラサキシキブは日本、中国、台湾、朝鮮半島に分布する落葉性の低木で、樹高は2m~3mになります。秋に光沢のある紫色の小さな果実を葉の付け根あたりにまとめてつけるのが一番の特徴です。http://www.yasashi.info/mu_00003.htm

 

広告を非表示にする