SkyDreamの日記

果たして空を飛べるだろうか?

どんど焼き

今年も近くの小学校の校庭で行われる恒例の「どんど焼き」に出かけました。炎が空高く上がり煙が周辺を覆います。火の周りにはたくさんの老若男女が集まり、歓声を上げていました。立ちこめる煙に巻かれながら、今年の安寧と無病息災を祈ります。

f:id:SkyDream:20170115131238j:plain

f:id:SkyDream:20170115131310j:plain

f:id:SkyDream:20170115131345j:plain

f:id:SkyDream:20170115131434j:plain

f:id:SkyDream:20170115131511j:plain

f:id:SkyDream:20170115131218j:plain

どんど焼き
どんど焼き」とは小正月(こしょうがつ=1月15日)の行事で、正月の松飾り・注連縄(しめなわ)・書き初めなどを家々から持ち寄り、一箇所に積み上げて燃やすという、日本全国に伝わるお正月の火祭り行事です。「どんど焼き」の語源については、火が燃えるのを「尊(とうと)や尊(とうと)」と囃(はや)し立てたことから、その囃し言葉が訛(なま)ったのだとか、どんどん燃える様子からそれらの名称がついたのだとかいわれています。
(http://3rd.geocities.jp/localbrandkenkyu/lbk002/dondo.html)

広告を非表示にする

ツバキ(椿)の花

庭のツバキが開花しました。不思議な事に同じ木にピンクや赤の花が混在して咲きます。

f:id:SkyDream:20170112125146j:plain

f:id:SkyDream:20170112125205j:plain

f:id:SkyDream:20170112125250j:plain

f:id:SkyDream:20170112125232j:plain

ツバキ(椿)

ツバキはツバキ科ツバキ属の常緑中高木で、光沢のある濃い緑の葉をもちます。名前の由来には諸説があり、厚みのある葉の意味で「あつば木」、つややかな葉の「艶葉木(つやばき)」、光沢のある葉の「光沢木(つやき)」、ほかにもまだありますが、より葉の美しさが名前の由来とされる説が多いのもおもしろいところです。

(https://www.shuminoengei.jp/m-pc/a-page_p_detail/target_plant_code-3)

広告を非表示にする

水仙(すいせん)の花

道端に、早咲きの「水仙の花」が咲いていました。

f:id:SkyDream:20170108193615j:plain

f:id:SkyDream:20170108193700j:plain

f:id:SkyDream:20170108193812j:plain

春を告げる草花として古くから親しまれていますが、早咲き、遅咲きといろいろ種類あるようです。

水仙
開花時期は、12/15 ~ 翌 4/20頃。早咲きものは正月前頃にはすでに咲き出している。「日本水仙」「房咲き水仙」などの早咲き系は12月から2月頃に開花。3月中旬頃から咲き出すものは花がひとまわり大きいものが多い。「ラッパ水仙」や「口紅水仙」などの遅咲き系は、3月から4月頃に開花。
(http://www.hana300.com/suisen.html)

七草粥

1月7日は「七草粥」の日。地元では恒例の七草粥を振る舞う催しが開催されました。お腹にやさしく、お餅が入っていてとても温まります。今年の無病息災を願っておいしく頂きました。

 

f:id:SkyDream:20170107115724j:plain

七草粥

七草がゆ七草粥(ななくさがゆ)・七種粥とは、人日の節句(1月7日)の朝に食べられている日本の行事食(料理)である。春の七草や餅などを具材とする塩味の粥で、その一年の無病息災を願って食べられる。祝膳や祝酒で弱った胃を休める為とも言われる。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%83%E8%8D%89%E3%81%8C%E3%82%86

広告を非表示にする

獅子舞

元旦のお昼頃に、近くの寺院の境内で「獅子舞」と「ひょっとこ踊り」がありました。初詣で獅子舞に頭を噛まれると 魔除けになり、一年をより良く過ごすことができると信じられています。

f:id:SkyDream:20170101135927j:plain

f:id:SkyDream:20170101140044j:plain

小さな子どもたちは怖い顔をした獅子が近づくと、泣き出してしまいますが、それを見て周りの大人たちは大笑いです。ほほえましい光景でした。

広告を非表示にする

万両(まんりょう)の実

冬の殺風景な庭に、「万両」の赤い実がひときわ印象的です。近くで見ると、まるでサクランボのようです。

 

f:id:SkyDream:20161225152612j:plain

f:id:SkyDream:20161225153747j:plain

f:id:SkyDream:20161225153808j:plain

そして、やはりこの時期に欠かせないのが「千両」です。正月に玄関に飾る花の中に

入っていました。

f:id:SkyDream:20161228141923j:plain

今年もあとわずかで終わります。この一年を、まあまあ無事に過ごすことが出来ました・・。感謝!

「万両(まんりょう)」
万両の花は7~8月頃に咲き、12月頃から冬にかけて実が赤くなる。 万両のなかには 実が白い種類もある。正月の縁起物に使われる。
<万両と千両の違い>

千両は葉の上の方に 実をつけるので鳥に食べられやすく、万両は葉の下に実をつけるので 食べられにくく、その分、実がしっかり残る・・。また、万両の実は垂れ下がり、千両は上向きにつくので、万両の実は重く千両の実は軽い、との発想からこの名になった、ともいわれる。(http://www.hana300.com/manryo.html)

ダイヤモンド富士

12月、初冬の「高尾山」山頂から眺める富士山の真上に沈む夕日・・。

 富士山の火口に吸い込まれるように沈む夕陽はどこか神秘的ものを感じさせてくれます。日没は16:15頃、天気の良い日に少し早めに行くと、山頂でゆっくりとダイヤモンド富士を楽しめるとのこと。今年の見ごろの期間は12月17日(土)~25日(日)(毎年12月冬至前後)だそうです。(http://www.takaotozan.co.jp/diamond/

というわけで、我が「遊行会」では高尾山で“ダイヤモンド富士”を見て、その後ふもとにある「極楽湯」で忘年会を予定していましたが、生憎この日は天候が悪く、登頂はやめて昼間から温泉につかりその後忘年会に突入。楽しい忘年会となりました。仲間が皆のために天気の良い日に事前調査でしっかり写真を撮ってくれていました。

f:id:SkyDream:20161217161526j:plain

f:id:SkyDream:20161217161608j:plain

f:id:SkyDream:20161217161755j:plain

広告を非表示にする