読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SkyDreamの日記

果たして空を飛べるだろうか?

アスチルベ

遠くから見ると地味なのですが、近寄って見るとその淡いピンク色の

花には、気品さえ漂います。

 

f:id:SkyDream:20150523073502j:plain

f:id:SkyDream:20150523073524j:plain

 

アスチルベ

アスチルベチダケサシ属多年草植物。ショウマ(升麻)、アワモリソウ(泡盛草)、アケボノショウマ(曙升麻)の別名を持つ。アスチルベの語源は、ギリシャ語の"a"(-がない)と"stilbe"(輝き)の合成であり、地味なことを意味しているといわれるが、そのフワフワと煙るように見える独特の花は、遠くからでもよく目立つ。環境への適応能力が高いが、湿り気のある土壌と半日陰を好み、耐寒性を持つ。日本でも数種が自生する。

普通、園芸でアスチルベと呼ばれるのはドイツのゲオルク・アレンズが育成し1908年発表したAstillbe ×arendsii である。花期:晩春-夏(5-9月)

(http://ja.wikipedia.org/wiki/アスチルベ)

 

広告を非表示にする