読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SkyDreamの日記

果たして空を飛べるだろうか?

パークプレーン試作2号の製作(1)

次期パークプレーンは「パークプレーン試作2号機」と命名しました。

 

さっそくポンチ絵(イメージ図)をもとに製作を開始します。

かなり小型なので、細かい設計図が無くても経験と勘で進める事が出来そうです。

 

まずは、カッターナイフを使用してバルサ材の切り出しから始めます。

 

部材の製作(バルサ材)

f:id:SkyDream:20150113140323j:plain

一番上が胴体主軸材、これは過去に製作したゴム動力飛行機から流用しました。

その下に主翼用の前縁W1、スパーWS、後縁W2、さらにその下が、主翼用リブと

主翼支持台です。右側は尾翼と車輪部(メインギア)となります。

 

いろいろイメージしながら楽しく作業します。ここまでのステップは、2日程で

完了しました。

 

部品リスト

主翼      個数       寸法

 前縁 W1     2      3×3×340mm

 スパーWS     2       2×12×303mm

 後縁 W2   2       3×4×330mm

 中央リブ     2      2×12×120mm

 主翼リブ     2      1.5×12×120mm

胴体

 胴体主軸    1       8×6×540mm

 主翼支持台   1       20×30×120mm

 サーボ支持板 1      30×30mm

尾翼

 垂直前部    1       60×60×30mm

 垂直後部    1         ー

 水平      1         ー

車輪部      1         -(下記)

 

車輪部(メインギア)の製作

f:id:SkyDream:20150113134210j:plain

リンケージ部材(金属)を利用して加工しました。胴体に固定出来るようにする

ため、金属をバルサ材で挟み接着します。

 

主翼支持台とサーボ支持板

f:id:SkyDream:20150113085435j:plain

 主翼を支える台座とサーボを支持する板です。これらは胴体主軸に固定されます。

 

製作された部品の重さを測定します。

f:id:SkyDream:20150113142034j:plain

今のところ重量は40g。胴体と主翼・尾翼全体の重量目標は50g以下です。

 

部品を組み上げてフィルムを張ると、目標を少しオーバーするかも知れません・・?

 

この後、主翼や尾翼の組み立てに入ります。