読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SkyDreamの日記

果たして空を飛べるだろうか?

次期パークプレーン構想

自作の「パークプレーン試作機」の調子がイマイチです。

 

小型パークプレーン試作機(中央)

f:id:SkyDream:20141219071400j:plain

 

飛ぶには飛ぶのですが、自律安定性があまり良くありません。

 

自律安定性とは、機体が傾いた時にそれを元に戻す力が働くことを言います。

さらに旋回する時に、急に失速したりする場合もあります。

 

そこで、もっとゆったり安定した飛行が出来るパークプレーンを製作

しようと考えています。

 

いろいろ調べてみると、最近は全備重量30g程度の超小型電動プレーンも

市販されているようです。ただ、このクラスの機体は、軽すぎるために

飛行安定性があまり良くないようで、少しの風であおられ操縦が結構難しい

みたい・・。

 

(しかも機体が発泡スチロール、スチレンペーパーなどで作られて、バルサ

にこだわりのある私には、取り組みにくい面があります。)

 

やはり今回も初心に戻って、自作のバルサ試作機をさらに進化させるべく、

小型軽量化を進めたい。

 

まずは、構想をポンチ絵(メモ)にしています(現在進行中)

f:id:SkyDream:20150109141538j:plain

 

今回の機体の目標重量は100g以下です。(試作機は140g程度)

 

(内訳はメカ重量50g以下、フレーム(主翼、胴体、尾翼)重量50g以下。)

 

出来るだけ現在保有するリソース(部品などのパーツ類やバルサ材)を有効活用し、

かつ軽量化を実現します。

 

パークプレーン試作機を製作した経験が役に立つでしょう。

それと、原点はあくまで子供の時に夢中になった「竹ひごのゴム飛行機」

です。

 

製作の過程は、いつものようにブログに記録していこうと思っています。