読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SkyDreamの日記

果たして空を飛べるだろうか?

いつのまにか

暑い中、コンサートに出かけました。

 

その中に日本の昔の歌があり、次の歌詞にドッキリ。

 

村の渡しの 船頭さんは

   ことし六十のおじいさん
   年はとっても お船をこぐ時は
   元気一ぱい ろがしなる ソレ
   ギッチラ ギッチラ ギッチラコ

f:id:SkyDream:20140808121618j:plain

作詞者の武内俊子が1905年(明治38910日)生まれで1945年(昭和20

47日)没の享年39歳、作曲の河村光陽が1897年(明治30823日)

生まれの1946年(昭和211224日)没の享年49歳の若さだった時代です。

 

六十で「おじいさん」は、当たり前の時代でした。

 

ところが最近の報告によると、男性でも平均寿命が80歳を越え、おじいさんも

長い間、生きなければなりません。精神(心)と肉体の年齢のギャップを抱えて、

長い間彷徨うことになります。

 

そこには、人の数だけのそれぞれの生き方があります。

 

広告を非表示にする