SkyDreamの日記

果たして空を飛べるだろうか?

第二回秩父七福神巡り

「秩父七福神巡り」の2回目。5月には東林寺(恵比寿)、総持寺(福禄寿)、円福寺(大黒天)、惣円寺(弁財天)、金仙寺(布袋尊)の5寺を巡りました。今回は円福寺(寿老人)から鳳林寺(毘沙門天)迄の国道299号線沿いの約4kmを徒歩で巡ります。…

フランネルソウ

紫紅色をした小さな花がいくつも開花しました。フランネルソウは日差しが強い日の方がより鮮やかに見えます。 フランネルソウ フランネルソウは南ヨーロッパを原産とするナデシコ科の多年草で、わが国へは明治より以前に渡来しています。名前の由来は、茎や…

紫陽花(アジサイ)

そろそろ本格的な梅雨が始まりそうです。梅雨には「紫陽花」が似合います。 ガクアジサイ 縁にだけ花が咲くガクアジサイ。個性的で落ち着いたその佇まいは、ゆううつな梅雨空の元でも私たちを楽しませてくれるアジサイの原種です。(https://horti.jp/16413)

ゴルフの練習

次回のゴルフ会は山梨県都留市のゴルフ場に決定。そこでいつも誘ってくれる方と“ゴルフの練習”に出かけました。そこはその人がいつも利用している練習場なのですが、まずその大きさと設備にビックリです。私は初めての利用だったので、まずカードを作りそれ…

ホットリップス

サルビア・ミクロフィラ(チェリーセージ)は最初赤い色をしていましたが、そのうち赤と白のツートンカラーになりました。このように花の色が赤白2色のバイカラーになるものは「ホットリップス」と呼ばれます。 色の変化には気温が関係しているそうです。

紫露草(むらさきつゆくさ)

雨の日の紫露草は、晴れの日よりもいきいきとして見えます。小さな水玉が長い葉や花の上で踊っています。 白い色をした花も・・。 紫露草(むらさきつゆくさ) 北アメリカ~熱帯アメリカにおよそ20種が分布する毎年花を咲かせる多年草です。一般的に広く栽培…

夏野菜

今年も庭の隅に、「きゅうり」と「トマト」の接ぎ木・苗木を2本ずつ植えました。キュウリが夏秋(カシュウ)、トマトが桃太郎(モモタロウ)という品種です。 ところが数日たつと手前のキュウリの苗が2つとも枯れてしまいました。連作障害への対応はしたの…

グラハム・トーマス(Graham Thomas)

花の色はとてもきれいで純粋な黄色をしており、「ピュアイエローの輝き」とも言われ、大輪の花を咲かせます。 グラハム・トーマス(Graham Thomas)メアリー・ローズと共に発表され、イングリッシュローズの人気高揚に大きく貢献しました。耐寒性に優れてい…

秩父の春 Part1

遊行会のメンバーと“秩父の春”を巡りました。今回のテーマは「秩父七福神巡り」+「祭りの湯・入湯」です。西武鉄道・秩父線横瀬駅に午前8:39に集合し、ここを起点に、①東林寺(恵比寿)⇒②総持寺(福禄寿)⇒③円福寺(大黒天)⇒④惣円寺(弁財天)⇒⑤金仙寺(布…

ジャーマンアイリス

名前の通り、ヨーロッパ産のちょっと派手な印象の花です。アイリス(iris)はアヤメ属の植物ですが、ギリシャ神話ではIrisイリス=「虹の女神」なのだそうです。梅雨が間近になってくると一斉に開花します。 ジャーマンアイリスジャーマンアイリスは虹の花(レイ…

シラン(紫蘭)

紫色をした小さな蘭の花です。この時期、庭のあちこちで小さな花がいっぱい咲いています。 シラン(紫蘭) その名の通り紫色をした小さな蘭の花です。ササのような長い葉茎を伸ばし、その先端に赤紫色の華麗な花を咲かせます。シランは鉢植えでも庭植えでも…

新緑のゴルフ

このゴルフ場は初めてだったこともあり、スコアはあまり期待はしていなかったのですが、意外や意外今までになく調子が良く、18Hを107(グロス)で終えることが出来ました。ショートホールのスコアがよく、4つのホールのうち3つでワンオン(One On)に成…

サルビア・ミクロフィラ(チェリーセージ)

真紅の小花の色がとても鮮やかです。よくみると小さな2つの花が並んで咲いています。そしてハーブ系の葉は甘みのあるフルーツのような香りがします。そのうち、いつものように色が変わって、緋色と白のツートンカラーが可愛らしい’ホット・リップス’になっ…

シラー

釣鐘状の薄い紫色をした小花がいくつも開花しました。その周辺には同じ紫色をした十二単もまだ咲いています。 シラーシラーは星形や釣り鐘状の小花が、房状や穂状(散形花序または総状花序)に咲きます。ユーラシア大陸、南アフリカ、熱帯アフリカに100種以…

旬のタケノコ

今年は冬の寒さと雨不足により、春の味覚のタケノコが不作なのだそうです。収穫時期もかなり遅れていましたが、やっと近くの地場野菜販売所にいっぱい並ぶようになりました。そこでいつものように朝獲れのタケノコを1つ買いました。 ほりたて(朝獲れ)のタ…

じゅうにひとえ (十二単)

紫色をしたじゅうにひとえ (十二単)が咲きました。この名の由来は花の咲く様子を、宮中の女官などが着る十二単に見立てたものだそうです・・ せいようじゅうにひとえ (西洋十二単)アジアの温帯地域からヨーロッパに分布しています。平地から亜高山帯までの草…

旬の椎茸(しいたけ)

遠くの親戚から今年獲れた椎茸が送られて来ました。大きくて新鮮な椎茸。さっそくいただくことに。お酒と塩をかさにふりかけ、オーブントースターで5~6分焼き、最後にお醤油をたらします。いつも食べ慣れているシイタケとはまったく異なる柔らかい歯ごた…

ゴルフは不調

誘われて春のゴルフに出かけました。 ところが期待に反し、スコアはさんざんな結果でした。特にグリーン周りのアプローチショットがひどすぎました。前の週に友人とでボウリングをした際に右太ももの筋肉を痛め、まだ少し痛みが残っていました・・。というよ…

花街道

先日用事があって、車で郷里(岐阜県多治見市)に帰省しました。せっかくの機会だからとその帰りに下呂温泉(日本三大名泉)に寄る事にしました。中央高速・中津川ICから下呂温泉に至る国道257号線付知峡付近の沿道は「花街道」と呼ばれ、桜や桃の花が咲き乱…

小江戸散策

埼玉県川越市は江戸情緒を色濃く残す町。“遊行会”のメンバーと蔵の町、時の鐘、菓子屋横丁など、小江戸の風情を楽しみながら、「七福神めぐり」をしてきました。この日は休日だったせいか、町の中は溢れるばかりの人でごった返していました。 蔵造りの街並み…

桜のトンネル

駅にほど近い水路の両側には“ソメイヨシノの桜並木”があります。今年も両側の桜の花が重なりあい、桜のトンネルが出来ました。

里山に咲く枝垂れ桜

桜が満開の時期なのに雨の日が多く残念です。この日は朝方からの雨がしだいにあがってきたので、近くの里山に咲くこの桜を眺めに来ました。空は曇り、あいにくの天気でしたが、竹林の前に咲く枝垂れ桜は今年もきれいでした。

ハナニラ

庭の隅でハナニラが開花しました。紫がかった深い青がとても鮮やかで印象的です。 ハナニラハナニラは、道端や花壇に植えっぱなしにしておいても、春に藤青色からピンク、白の星形の花をよく咲かせる、非常に丈夫で手間いらずな植物です。葉や球根を傷つける…

一本の枝垂れ桜

近くの街並みから少し外れた小高い丘の斜面で、早咲きの枝垂れ桜が満開となっていました。やっと春らしくなり、ここしばらくはあちこち、桜を眺めるのが楽しみです。

ユキヤナギ

我が家の「ユキヤナギ」は冬の間に木を短く刈り取ったせいで、今年はまだあまり開花していませんが、道端や公園ではとてもきれいに咲いていました。 ユキヤナギ日本や中国に分布する落葉性の低木です。株元から枝をたくさん出して“わさわさ”と茂ります。緩や…

七賢蔵出し

山梨の七賢酒造の蔵出しイベントが3月にありました。 南アルプス甲斐駒ケ岳を流れる名水を使った蔵元「七賢」の蔵出しには、毎年多くの人が集まるそうです。今回初めて誘われたのですが、残念ながら参加出来ませんでした。毎年参加している会社のOB仲間から…

白木蓮(はくもくれん)

“春の訪れ”を待ち望むように咲く姿から、中国では「望春花」という別名を持っているそうです。 白木蓮 木蓮(紫木蓮) 木蓮は、本来モクレン科に属する植物の総称ですが、園芸では紫木蓮(しもくれん)のことを指します。普通は白木蓮よりやや遅れて咲くようで…

パターの練習

ゴルフはアプローチやパターが大事だとよく言われます。そこで初心者でも扱いやすいと言われるマレットタイプ(かまぼこ型)のパターを購入したついでに、自宅でも練習できるように、パター練習用のマットと付属の道具も購入しました。 これが使ってみると、…

薄暮プレー(Golf 9H)

家から車で20分程と便利な場所にあるゴルフ場で初めて「薄暮プレー」をしました。今回は一人で参加しましたが、この場合は他の知らない人達との組み合わせでプレイすることになります。 初対面の人達とのプレイは、仲良くラウンドできるか気になりますが、…

クリスマスローズ

春の訪れを知らせてくれる「クリスマスローズ」が咲き始めました。 まだ冬が終わらないこの時期に、可憐に花を咲かせます。 クリスマスローズクリスマスローズという名の由来はイギリスで「ニゲル」と呼ばれている花がクリスマスの時期に開花する「バラの花…